紙か電子か比べれる!honto電子書籍ストア

honto電子書籍ストアは丸善、ジュンク堂、文教堂などの店舗とネット通販、電子書籍が連動した販売店なんです

紙と電子、どちらも利用したいという方向けのストアです♪

私は主にリアルショップは紀伊国屋さんなんかを利用していますが、丸善さんと、文教堂さんは利用したことが無いですが、ジュンク堂さんは行った事あります♪

このサイト、ネットストアから検索をすると、紙の本と電子書籍が同時に表示されて価格も同時に表示されるんで、比べやすいです。

うーん、「紙」として買うか・・・「データ」として買うか・・・。結局家も狭いんで、データになっちゃうんですけどね(笑)

紙か電子か、両方の比較対照がしやすいので選択しやすいんです♪これは便利ですよ~

取り扱いは文芸書、ビジネス書、コミックが中心かな。

一つだけ問題点!ダウンロードしたデータは移動が行えないそうで、1年以内であれば際ダウンロードが可能なんですが、

万が一端末が壊れてしまったなら・・・1年以上前に購入した電子書籍は残念な事になります・・・。

hontoを利用する際は、このダウンロード期限と、端末の寿命の戦いになりそうです。

まぁ、壊れなければどうということは無い!(笑)

honto電子書籍サイトの口コミ

現在HONTOとKindleを使っています。
HONTOを選んだ理由は、取り扱っている書籍の種類が多い感じがしたのと、ハイブリットという謳い文句どおり、本屋さんで実際の本を買ってもポイントが付くからでした。会社の近くにジュンク堂書店があり、会社の用事で行くこともありますし、会社帰りに行けるのでよく利用するので便利です。
また、初めはKindleのみを利用していたのですが、ダウンロードが上手くできず、Amazonに問い合せなければならないことが続いたので、HONTOも使い始めました。今ではほとんどの漫画はHONTOで買っています。
電子サイトとしては、期待していた通りの取り扱い書籍数には足りない感じです。Kindleにしかないとか、Kindleの方が早く取扱いを始めることがとても多いです。その辺は少し残念ですが、HONTOはクーポンやキャンペーンを毎日のように開催しています。クーポンを使うとかなり安くなるので、少し待ってでもHONTOで買うことが多いです。ただこのクーポン制度やキャンペーンに踊らされている感もあります。何千円以上買うと何%引きのクーポンが多いので、少し足りない金額だと必要のないものまでついでに買ってしまいます。
実際に使ってみると、思っていたよりも目が疲れません。iPad miniを使いブルーライトカットのシートを貼っているので、そのシートの効用かも知れません。漫画だけでなく文章の書籍も読みましたが、問題ありませんでした。問題というか少し不便な点は、買った本を全て端末に入れていると、あっという間に容量が超えてしまうので、その都度クラウドから開くようにしているのですが、それに時間がかかることです。ネット環境があまりよくないためだと思いますが、読んでいる途中で丸いローディングマークがでてきて中断されるのでそれが少し不便です。

↓電子コミックサイト、hontoはこちら↓

↑タップすると、公式サイトに移動します↑

 

The following two tabs change content below.

ただの漫画好き

最近読んだ漫画/ぐらんぶる、ヘルク、メイドインアビス など