BookLive/電子書籍サイト



icon-ranking3-1電子書籍サイト BookLiveの口コミ・評判①

e006
電子書籍サイト、BookLiveの口コミ・評判①


私が電子コミックサイトを利用しはじめたきっかけはテレビアニメでした。
皆さんも一度は経験したことがあると思いますが、テレビアニメの放送がおわりどうしても続きがみたい!なんてこと思ったことありますよね。
どうしても続きが気になる、しかし外に出て単行本を買いにいくのもめんどう・・・
そんなときに出会ったのがbooklive(電子コミックサイト)でした。

電子書籍サイト、BookLiveの良いところ


電子コミックサイトの良いところのひとつとして、おもいたったらすぐ読めるというところは非常に便利で、同じ経験をされたかたも多数いらっしゃると思います。
私が実際に電子コミックを利用して思った事は「紙より電子コミックのほうが読みやすい」でした。
これに関しては世の中でも賛否両論ありますが、私がなぜ電子コミックのほうが良いと思ったのかというと、まず実際の紙であれば両手を使いながらでないと読書がしずらいですが。それに比べ電子コミックの方は、スマートフォンなどで読むことにより片手でもっても読みにくくならず疲れません。

また、ページをめくる際もワンフリックでめくれてしまうので非常に使いやすいと思います。
たとえば読書をするさいにお菓子を食べたいと思ったら、たとえばですがポテトチップスなど油分が多いものですと本に油分がついてしまわないか心配になりますし、両手を使う紙の本だと食べずらいとおもいます。
片手で読めてしまう電子コミックの場合はお菓子を食べながらでも読みにならないため非常に便利という印象でした。
さらに電子コミックはその名のとおり電子つまりデータですので、本棚など場所を取る必要がないというのが、私には非常に好印象でした。

実物を本棚にならべてコレクションをしたい、買ったコミックを販売したいということは電子コミックではできません。
すぐに買ってすぐに読みたい。そんなことを思ったら是非とも電子コミックを一度利用してみてください。

↓電子書籍サイト、BookLive
bi011
↑タップすると公式サイトへ移動します↑

icon-ranking3-1電子書籍サイト BookLiveの口コミ・評判②

e006
電子書籍サイト、BookLiveの口コミ・評判②


私は8インチのタブレット端末でbookliveを利用しています。実際に単行本くらいの大きさで読めるので電子版でもあまり違和感を感じませんでした。
以前は紙の本を集めていましたが、なんせ場所をとってしまう・・・。部屋が散らかるのが嫌で電子コミックを試したところ、便利すぎて衝撃を受けました。
まず買いに行く手間がない。重い荷物を持たなくていい。単行本何冊もまとめ買いするとほんと重いんですよね・・・。
私が住んでる地域では発売日の2日後じゃないと店頭に並ばないのですが、電子版だと発売日当日に読める!!これはかなりポイント高いです。
そしてダウンロードしたものはネット環境がなくても読める。出先でWi-Fiが無くても大丈夫なんです。
タブレットひとつに何冊ものデータが入っているため、その時の気分に応じて選べる。これは紙媒体だとなかなかできませんよね。
漫画の画面自体もズームできるし、かなり鮮明に見えます。印刷物よりも綺麗なのでは?と個人的に思います。
あと私が一番助かっているのが電子版でBLコミックを読めるということ!!
家族にはこういう趣味があることを隠しているため、自宅でBLコミックが見つかってしまうと大変です。
ですがbookliveは作品数も豊富。好きな作家さんの本も網羅されているので家族にバレることもなく楽しんでいます。
電子マネーやクレジットカードなどで決済できるので購入もスムーズです。クーポンがもらえるのも嬉しい。
毎日出来るクーポンガチャもあるので目当てのクーポンが出たら欲しかった漫画をまとめて購入しています。
無料で読める漫画も沢山あるので全然飽きません。本当に気軽に漫画が読めると思います。

↓電子書籍サイト、BookLive
bi011
↑タップすると公式サイトへ移動します↑

icon-ranking3-1電子書籍サイト BookLiveの口コミ・評判③

e006
電子書籍サイト、BookLiveの口コミ・評判③


取り扱っているコミックにビッグタイトルが多かったので登録して、今でも使っています。
誰でも知っているようなコミックが当たり前のように登録されているのは本当に便利です。紙で本を買っても、家が狭いので無くしてしまうか、邪魔になってし まい込んでしまって、いざバックナンバーを読もうと思った時に見つからない、ということが当たり前になってしまっていたので……。
使ってみて感じた点としては、専用アプリをインストールしなくても読むことができるので、アプリ嫌いな自分にはぴったりなサービスだなと感じました。コ ミックの拡大・縮小も自由自在にできるので、文字数の少ない漫画はサラサラ読めますし、文字数の多い漫画もじっくり読みたい場所は拡大して目を通すことが できるのも嬉しい点です。
逆に不便な点としては、何となく作品のインデックスが見づらい点です。それまでRenta!という別の電子書籍サービスを使っていて、そのサイトとレイア ウトやコンテンツのくくり方が違うせいなのか、いまだに馴染めずに不自由を感じてしまいます。ですがこれは個人の好みの問題なので、むしろ 「bookliveはコミックが探しやすい」と感じている方も多いのかも知れないな、と思います。
また、年齢フィルター機能は、低年齢のお子様がいる家庭にとっては非常に重宝する機能なのだと思いますし、世間体的にも実装しなくてはならない機能なのだ とも思いますが、結構邪魔だなと感じることが多いです。18歳以上向けの漫画を探している時に、「いつものやり方で探しているはずなのに、なぜか見つから ないな」と思っていたら、いつの間にかフィルターがONになっていたなど、時折イライラしてしまうことがあります。

↓電子書籍サイト、BookLive
bi011
↑タップすると公式サイトへ移動します↑

おすすめランキング第3位のBookLive トータル電子書籍

凸版印刷・インテル傘下の【BookLive!】運営の電子書籍の販売サイト!和訳すると「実際の本!」っていう意味です。うちは電子を超えている!という意味合いでしょうか?

専用のリーダーソフトをダウンロードし、オンラインで電子書籍を購入&ダウンロードするのは他の電子書籍サイトと一緒ですね。

電子書籍のラインナップは、コミック、書籍、雑誌、写真集なども含めて、総タイトル数は約14万タイトル27万冊以上!
他の電子書籍の販売サイトと比較しても在庫が多いんです!さすが人気のBookLive!!

「BookLive!ポイント」という独自のポイントサービスがあるので、あらかじめポイントを購入しておけば1ポイント=1円で電子書籍の購入に利用できます。

毎月一定額が自動的にチャージされる「月額ポイント購入」と、必要に応じてそのつど購入する「個別ポイント購入」があり、
購入ポイント数に応じて最大2,000円分のボーナスポイントがついちゃいます。

ポイントに半年間の有効期限(ポイント付与月の5カ月後の末日)がある点は
注意が必要だけど、電子書籍を頻繁に購入する人はぜひ活用して下さい♪

↓BookLiveの登録はこちらから↓
 

The following two tabs change content below.

ただの漫画好き

最近読んだ漫画/ぐらんぶる、ヘルク、メイドインアビス など